Our thoughtsクリニックについて

りょう矯正歯科クリニックは、小児矯正と本格的矯正治療に特化した矯正歯科治療専門のクリニックです。

矯正歯科治療(歯列矯正)は、単に歯並びを治すだけのものではありません。大人の歯並びの矯正では、キレイに治した上下全体の歯並びを均等に咬み合うように変えて健康的な咬合(咬み合わせ)を作ること、前歯や唇が出ているのが気になる場合には、前歯を引っ込めて(E-Lineに対する)口元の印象を向上させること、安静時に口を閉じやすくすることなど、お口の中、またその周囲の機能と印象を向上させるという目標があります。

お子様の場合は、歯並び・咬み合わせの異常を早期に治療しておくことで、不正咬合の悪化を予防し、正常な発育を促す等多くの目標があります。

良い歯並び・咬み合わせを作り、見た目的にも機能的にも良好な状態を新たに作っていくことは矯正する皆様共通の目標だと思います。しかし、治療を受ける方の状態によって、改善を要する点や希望も異なれば治療内容も変わります。時には、治療を受ける方の認識と私達が良いと思う治療に見解の違いがあることもあるかもしれませんが、私達は矯正専門のクリニックとして、その方に適した良い治療プランを提案できればと考えております。

治療費は、長い治療となるケースや、矯正用アンカーなどのオプションの装置が必要な場合にも追加費用が発生しない、安心で分かりやすいトータルフィー制となりました。

遠い未来に、『あの時矯正やっておいて良かった』と思える様な矯正治療になるよう最善を尽くせればと思っております。

院長紹介

りょう矯正歯科クリニック院長 阿部

プロフィール
院長 阿部亮太

略歴
平成16年
北海道医療大学歯学部卒業
歯科医師免許取得
平成17年
臨床研修医修了(日本歯科大学新潟病院)
日本歯科大学新潟病院 矯正歯科 入局
平成18年
日本歯科大学新潟病院 矯正歯科 助教
平成27年
日本歯科大学新潟病院 退職
りょう矯正歯科クリニック 開院

所属学会
日本矯正歯科学会(認定医)
甲北信越矯正歯科学会
日本歯科審美学会

 

矯正治療のスタッフ

歯科医院は痛いし怖いというイメージがつきものです。その様な場所だからこそ『私たちは、可能な限りリラックスして治療を受けていただければと思っています』。
静で暗い雰囲気にならぬよう、また堅苦しいだけの一方的なコミュニケーションとならぬよう、スタッフそれぞれの個性を活かしながら、誠実でかつ等身大のコミュニケーションで明るいクリニック作りをスタッフ一同心がけております。

当クリニックの診療スタッフは、矯正治療を専門に働く歯科衛生士です。
私達はそれぞれの役割を担いながらワンチームで円滑な診療を推し進めております。
また、歯そのものの一般治療や抜歯などが必要な場合では、当クリニックだけで治療を完結することが出来ません。
他の治療も併せて必要になる場合には、各分野の地域の先生方と連携し一つのゴールに向かって治療をすすめさせていただきます(インターディシプリナリーアプローチ)。

混雑時などゆっくりお話しできない時もあるかもしれませんが、時間が許す限り皆様の声に耳を傾けより満足のいく治療になればと思います。

歯科医師の主な役割
相談・診断・ワイヤーの屈曲と調整・各種装置の装着、調整・その他全般

歯科衛生士の主な役割
コンサルティング・ワイヤーの着脱・各種装置の装着・各種資料採取・MFT(口腔筋機能療法)・ブラッシング指導など


定期的に女性の歯科医師(矯正認定医)も診療しております。

矯正治療とは

矯正歯科治療(歯列矯正)は、自分の歯を活かして良い歯並び・咬み合わせを作り、見た目的にも機能的にも良好な状態に変える為の歯科治療です。

永久歯(になってから)の歯並び全体を治す矯正を「本格的矯正治療」と言います。当クリニックでは「歯に装着したブラケットを介して、ワイヤーで歯を動かす矯正装置」と「マウスピース型の矯正装置」を採用し、患者様の状態に合わせて治療に適した方法を提案しております。

お子様の矯正治療は、歯並び・咬み合わせの異常を早期に治療しておくことで、更なる不正咬合になることを予防し、正常な発育を促す為の予防矯正です。お子様の矯正では、歯並び・咬み合わせに合わせて様々な矯正装置を使い分けて治療を行っております。一言で矯正治療といっても、歯ならびの状態、咬み合わせの状態、開始時期などによって治療の仕方は様々です。
例えば、顎が小さい場合には拡大装置、反対咬合の場合には上顎前方牽引装置、出っ歯の場合にはバイオネーター、前歯の歯並び改善には、部分的なワイヤー矯正などを状況に応じて、各種装置を組み合わせて治療します。



矯正治療の費用について(自費診療)

初診相談料
¥0(初回時のみ)

検査・診断料
¥44,000

治療費
Total fee(合算料金)制

マウスピース型矯正装置ワイヤー矯正小児期からの矯正治療



当クリニックは、矯正に必要な、装置代・調整料・経過観察料などの治療費用を全て含んだ税込表示の
Total fee(トータルフィー)制になりました。
※検査・診断料、一般治療と抜歯などの他の歯科治療費は除く

現在のところ、顎変形症などの保険診療は行っておりません

   矯正前に知っておきたい    一般的なリスク・副作用

● 矯正装置に慣れるまでは、人によって違和感、痛み等が生じます。数日~1週間程度で慣れることが多いです。
● 歯の動き方には個人差があり、予想された治療期間が延長することがあります。
● 装置や顎間ゴムの使用状況、予定を守って通院するなど、矯正治療には患者さんの協力が非常に大切です。これらは治療の結果や治療に大きく影響します。
● 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなりむし歯や歯周病のリスクが高まります。
● 矯正治療中は丁寧に歯磨きするとともに、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。
● 歯が動くと隠れていたむし歯が発見されたり知覚過敏の症状が出ることがあります。
● 歯を動かすことにより、歯根が吸収して短くなることや、歯ぐきがやせて下がることがあります。
● ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
● ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
● ごくまれに金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
● ごくまれに顎が痛い、口が開けにくいなどの顎関節症状が出ることがあります。
● ごくまれに矯正装置を誤飲する可能性があります。
● 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
● より良く治す為に歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整をお勧めします。
● 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
● 動的矯正治療後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
● 全体をより良く治す為に、矯正装置が外れた後、かぶせ物(補綴物)やつめもの(修復物)の再治療を提案することがあります。
● あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
● 矯正治療後も、加齢や歯周病等により歯並び・咬み合わせや口もとの印象は変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
● 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

Contact

りょう矯正歯科クリニック りょう矯正歯科クリニック

Copyright© 2021 Ryo Orthodontic Clinic. All Rights Reserved.