ワイヤーを使う矯正治療

表側or裏側からの本格的矯正治療

永久歯列(大人の歯並び)のあらゆる不正咬合に対応できる、従来から最も多く使われている矯正装置です。

表側の矯正装置

クリアブラケット装置

新たにセルフライゲーションブラケットを標準的に採用しました。装着するワイヤーは可能な限りホワイト系ワイヤーを使用しております。
表側の矯正装置は永久歯列期の本格矯正であらゆる状態の患者様に適応できるファーストチョイスとなる矯正装置です。当クリニックでは主に小臼歯抜歯ケースでの時にお勧めしております。

Total fee
¥1,067,000(消費税込み)






裏側(舌側)矯正

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正

上顎は裏側・下顎は表側の矯正装置です。笑った時に見えてしまいがちな上顎に対して、裏側(舌側)に装置を着けることで矯正器具を見えにくくしながら治療を行うことが出来ます。
表側の矯正装置同様、抜歯症例などのあらゆる不正咬合に対応することが可能な方法です。

Total fee
¥1,342,000(税込)


フルリンガル装置

フルリンガル矯正

上下ともに裏側から矯正する方法です。日常生活の上で、他の人からは矯正装置がほとんど見えないのが特徴です。

Total fee
¥1,485,000(税込)

Copyright© 2021 Ryo Orthodontic Clinic. All Rights Reserved.