虫歯・歯周病の予防

大切なのは日々のブラッシング

「矯正すると虫歯になる」とよく耳にします。実はこれ、半分は本当かもしれませんが半分は嘘だと思います。
矯正装置が入っていても丁寧に歯磨きが出来ていれば虫歯にはなりません。

虫歯(や歯周病)の原因は、歯の汚れ(歯垢)です。当然、矯正器具が着いていると歯磨きし難くななり虫歯のリスクが上がります。
そんな中、当クリニックで矯正治療されている患者様では、矯正始めてから新たに虫歯が出来やすくなったという報告はほとんどありません。
これは、かかりつけの先生ので歯磨き指導受け予防していることや、当クリニックで行う PMTC(機械的歯面清掃) やTBI(歯磨き指導)の効果の他に、矯正治療を通じて歯の大切さが伝わりご本人の歯磨きに対する意識が変わることによるもの思います。

虫歯を作らない為には、高いモチベーションで歯磨き指導を受けていただき、実践することが大切だと言えます。

むしろ歯磨きが上手になり、口腔内環境が良くなっていく印象があります。

予防

時として、矯正治療中に虫歯(や歯周病)治療が必要な場合もございます。そんな時は、かかりつけの先生にお願いして、虫歯の治療をしてもらうことになります。

Let's selfcare!

Let's selfcare

歯医者さんで、定期的に歯を綺麗にすることはもちろん大切なことですが、一番大切なことは、日々のセルフケアになります。
スタッフ一同、虫歯や歯周病にならないよう気を付けて、指導・治療にあたっております。

※現在、新型コロナウイルスの飛沫感染のリスクを減らす目的で、来院ごとのブラッシングは控えさせていただいております。

Copyright© 2021 Ryo Orthodontic Clinic. All Rights Reserved.